お知らせ・イベント

 イベント等のご案内はこちらでも行なっています。

医療情報の利活用と関連諸問題に関する沖縄シンポジウム

開催責任者 本多 正幸(長崎大学大学院 医療情報学教授)
沖縄会場責任者 平田 哲生(琉球大学医学部附属病院 診療情報管理センター長)

会期:2018年6月1日(金)~2日(土)

会場:1日目=とぅばらーまホール(那覇市牧志)

   2日目=KBC学園 国際電子ビジネス専門学校(那覇市壺川)

 

開催幹事
JAMI九州・沖縄支部会=山本 俊成(琉球大学)、下川 忠弘(京都民医連中央病院)
一般社団法人日本Mテクノロジー学会=土屋 喬義(土屋小児科病院)、鈴木 隆弘(千葉大学)
SDMコンソーシアム=紀ノ定 保臣(岐阜大学)、久島 昌弘(沖縄県立中部病院)

シンポジウム主テーマとキーワード
・ 医療情報および患者情報の利活用に関する各種テーマを議論し、日本の南端から情報発信を行う
・ 電子カルテ、患者情報の2 次活用、DWH、地域連携、患者DB、情報セキュリティ

★ 医療情報の利活用と関連諸問題に関する沖縄シンポジウムプログラム案

参加予定人数 150名
参加費用 医療情報技師 2日間    ¥1,000(2日目の昼食費込)※ポイント申請中
医療情報技師以外 2日間         ¥3,000(2日目の昼食費込)
情報交換会(6月1日18:30~) 参加費   ¥4,000

参加申し込みはこちら  http://jami-kyu-oki.info/event/setall.cgi?mnum=1
※ 一般参加は100名に到達次第、締め切りとなります。

※ 移動手段・宿泊場所を確保された後お申込みいただきますようお願い致します。

※ JAMI九州沖縄幹事、MTA評議委員、SDM理事関係者の出欠については、別途メールにてご案内いたしますので、参加申し込みをされませんようお願い致します。

 


チラシ表のダウンロード)
チラシ裏のダウンロード)
企業・ベンダープレゼンテーション申込書(PDF)
企業・ベンダープレゼンテーション申込用紙(WORD)